有配・株主優待 配当利回り から見る 株式投資 3月本決算・中間決算等 基準日 会社 株式銘柄その1ページ

  
株主優待 配当利回り から見る 株式投資」で 紹介した
【3月】本決算・中間決算等 基準日 会社、簡易 説明 等のその1ページ

〜なかなか サイト作りが 追いつかないのですが、
メールマガジンとリンクした ページに して行こうと 考えております〜


 トップページ 
購読無料メールマガジン

「株主優待 配当利回り から見る 株式投資」

( メルマガ天国マガジンID:17218 )↓

株主優待 配当利回り から見る 株式投資のご購読は
メールアドレスを入力してボタンを押してください↓

最新号はこちらです。
無料メールマガジン発行サービス『メルマガ天国』を
利用して配信しています。
メールアドレスを入力して解除してください。
購読無料メールマガジン

「株主優待 配当利回り から見る 株式投資」

(まぐまぐマガジンID:0000125437)

メールマガジン登録


メールアドレス:↓



メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ




  「株主優待 配当利回り から見る 株式投資」で 紹介した
【3月】本決算・中間決算等 基準日 会社、簡易 説明 等のページ
〜なかなか サイト作りが 追いつかないのですが、
メールマガジンとリンクした ページに して行こうと 考えております〜


 ※なお、ここ3月 その1 ページとは別に、

株主優待 配当利回り  から見る  株式投資内に、

 3月 その2 ページ

 3月 その3 ページを 開設!















1301
  株式会社極洋 (3月決算。第226号 罫線))

(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和12(1937)年に 極洋捕鯨(株)として 創業された、

水産品の 開発輸入、買付が中心の 企業です。

昭和13年に、南氷洋母船式捕鯨事業を

昭和27年には 北洋母船式捕鯨事業を 開始しています。

更に 昭和45年に 水産加工を 開始しています。

現社名に 変更されたのが 昭和46年。

この年、水産物・農畜産物等の買付販売、冷蔵倉庫業にも 進出しています。

その後 昭和50年代には 冷凍食品・チルド食品の製造、

冷蔵運搬船事業等、子会社を通じて 次々と進出し、業績拡大していきました。

なお、株式上場は 昭和24(1949)年5月で、東証1部上場企業となっています。

 株主優待は ありませんが、

配当基準日は、3月31日で、年4〜5円/株 となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第226号配信時点)

















1380
  株式会社秋川牧園 (3月決算 第236号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和7(1932)年 中国大連郊外で

秋川農園を 創設したことに 起源の由来する、

現在 無農薬無投薬の食肉、鶏卵、牛乳等を 取り扱う企業です。

昭和47(1972)年、現在本社のある山口県にて

健康な食べ物づくりを目指して 個人創業されました。

昭和54(1979)年 秋川食品株式会社として 法人化されました。

1980年代後半以降 PHFコーン(ポストハーベスト無農薬)の輸入ルート開発したり、

食鶏パック新工場・冷凍食品工場等を 竣工したりと 発展していきました。

現社名に変更されたのは 1993年。

1997年には 店頭証券市場に 株式公開を果たしています。

2000年からは 宅配を 関連会社を通して 本格的に始めています。

株主優待は、権利確定基準日 3月31日

1000株以上の株主に

2500円相当の商品。

配当は20円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第236号配信時点)。



不動産賃貸! 全国の賃貸物件をスピーディーに検索! CHINTAIネット!!



















1737
  三井金属エンジニアリング株式会社 (3月・9月決算 第245号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和39(1964)年2月 三井金属鉱業株式会社の完全子会社

三金機工株式会社として 設立された、プラント中堅企業です。

昭和41年 建設業者登録し、昭和45年11月に 現社名に変更されています。

昭和52年には 建設業許可がおりています。

海外大型プラント案件初受注したのが 昭和55年。

その後、世界・日本各地に次々と支店・営業所、さらには子会社等を設立し、

平成12年3月には ついに 東証第二部に 株式上場も果たした、

非鉄精錬に特化し、銅精錬に強みを持つ企業です。

 権利確定基準日は 3月31日です

株主優待はありませんが

配当は10円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第245号配信時点)。





















1751
  日立プラント建設サービス株式会社 (3月・9月決算。第230号 罫線))

(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和39(1964)年9月、

日立工事株式会社(現日立プラント建設株式会社)と

太平電業株式会社との業務提携により 設立された

空調プラント設備・集塵装置・水処理装置等の補修・改修企業です。

昭和47(1972)年3月、現社名に変更され

日立プラント建設株式会社の 100%子会社となりました。

昭和54(1979)年には 日立プラント建設グループの同一業種である、

株式会社エヌ・ピー・シーを 吸収合併しています。

その後、日本全国各地に 事業所を開設したり

上下水・産業排水・ダクト・粉粒体等の測定・分析・実験・研究開発の実験の

技術支援業務等の 営業権を 譲り受けたりする等 会社が 大きくなっていきました。

そして 株式を 1998年9月に 日本証券業協会に 店頭登録するに 至っています。

2000年代に入ってからは、海外展開をも 手がけるようになり

更に 事業拡大を 狙っている企業です。

なお、本銘柄は、店頭MM銘柄です

 株主優待は ありませんが、

配当基準日は、3月31日・9月30日で、

年20円/株(2004年9月記念配含)

となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第230号配信時点)



大豆イソフラボン
高級中国茶葉『香想遊』













1770
  藤田エンジニアリング株式会社 (3月・9月決算 第238号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 大正15年 藤田電機商会として 創業した

群馬・栃木・埼玉に地盤を置く、空調・衛生設備工事等 中堅企業です。

昭和4年より日立製作所特約店となっています。

藤田電機株式会社と 法人化したのが 昭和17年。

昭和39年に 藤田工事株式会社が設立されましたが

のち昭和61年に これら藤田電機株式会社と藤田工事株式会社とが合併し、

現社名藤田エンジニアリング株式会社に 商号変更されています。

また、昭和48年に設立された 藤田電子株式会社も 平成3年に 吸収合併しました。

業容拡大の中 平成8年8月に 同社株式が 店頭登録を 果たしました。

その後も 平成10年に設立された 佐久エレクトロン株式会社を

平成12年に合併したりしています。

 現在は 建設事業、環境、水処理、

電子部品製造を始めとする情報関連などを 手がける企業です。

権利確定基準日 3月31日・9月30日で

株主優待は、ありませんが、

配当は 14円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第238号配信時点)。























1779
  松本建工株式会社(第228号 罫線))


(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和45(1970)年3月創業、

昭和49(1974)年3月設立の

高気密・高断熱 快適住宅「FPの家」等を提供する企業です。

ハウスメーカーとなったのは、昭和52(1977)年のこと。

建築部材の製造・加工事業に乗り出したのは 昭和54(1979)年でした。

昭和50年代後半には 通気層工法を独自開発したり、

オリジナル家具・建具の製造にも乗り出しています。

昭和60(1985)年には ウレタン注入発泡方式によるパネルの生産を開始し、

FP工法も 完成させて、事業規模拡大に 貢献し、

現在の 当該企業の姿の 礎が 築き上げられました。

 平成になってからは FPグループを全国に次々と設置、大きくなっていき、

平成7(1995)年12月には 株式を 日本証券業協会に 店頭登録しています。



















1781
  国土総合建設株式会社 (3月決算 第234号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和35(1960)年7月に 日本ドレッジング株式会社が

八幡製鐵(現新日本製鐵)・東京電力・三菱造船(現三菱重工)・三菱地所・同和鉱業の

5社均等出資により設立されたことに 端を発する企業です。

翌年 国土総合開発株式会社と社名変更され、

昭和52(1977)年に このうち 建設事業部門が 分離独立され

設立されたのが 当該企業です。

これまでも 数々の海外プロジェクト参画し、

スエズ運河拡幅工事・本州四国連絡橋工事・羽田沖合展開工事・

関西国際空港工事・東京湾横断道路工事などにも 参画しています。

また 数々の 地盤改良船の建造にも 携わって 発展して来ました。

株式は 1995年8月に 店頭登録している、

現在 海上土木 業界第7位規模の 企業です。



権利確定基準日は 3月31日で

株主優待はありませんが

配当は15円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第234号配信時点)。























1938
  千歳電気工業株式会社 (3月決算 第248号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和32(1957)年4月に 創業の、

JR・電力会社等 設備投資関連工事業者です。

東証第2部に株式上場したのは 昭和49(1974)年1月。

 業容は、屋内電気設備・照明設備・電車線・発変電設備・

電灯電力設備・配電線・送電線・信号設備・電気通信設備・

CATV設備・情報通信システム・新交通システム・光通信ケーブルなどの電気設備工事、

消防・防災設備工事、計装設備工事、空調・衛生設備工事、機械器具設置工事、

土木工事、造園工事、鋼構造物工事、防水工事、

これらに係わる設計、施工、保守などを行なっている企業です。

 権利確定基準日は 3月31日です

株主優待はありませんが

配当は7.5円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第248号配信時点)。





















2202
  明治製菓株式会社 (3月・9月決算 第242号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 大正5(1916)年 東京菓子株式会社として 創業した

言わずと知れた 菓子業界の 大手企業です。

 大正時代に キャラメル・ビスケット、チョコレート、

カルミン、ミルクチョコレートなどを

昭和初期に サイコロキャラメル、クリームキャラメルなどの 製造販売を

開始しています。

 昭和10年代には 缶詰等の製造を 開始し、日本各地に 工場を建てています。

戦後、昭和21(1946)年に ペニシリンの製造を始めたことを皮切りに、

薬品事業に進出を果たしました。

さらに 昭和20年代には、しいたけ種菌、なめこ種菌の生産、

抗生物質ストレプトマイシン、

戦時中中断していた チョコレートの製造を 再開したり、

バタービスケット、缶入りの天然オレンジジュースなどを 製造しています。

また 昭和24(1949)年5月には 株式上場を 果たしています。

昭和30年代には ミルクチョコレートデラックス、

抗生物質カナマイシン、マーブルチョコレート、ピーチネクター、

植物成長促進剤ジベレリン、外用消毒剤イソジン、

ハイミルク、梅酒入りソーダ、アーモンドチョコレート、

水虫薬ポリック、農薬アグレプト等と 破竹の勢いで

新製品の 開発販売を 進めました。

昭和40年代になっても 勢い止まらず、

チョコベビー、ストロベリーチョコレート、チョコバー、

スナック菓子カール、抗生物質カネンドマイシン、チェルシー、

抗生物質メデマイシンなどを製造販売する傍ら、

シンガポール・インドネシアなど 海外にも進出しています。

昭和50年代に入ってからは 抗生物質パニマイシン、

農薬オリゼメート、ココア・ファミリーナ、

チョコスナック・きのこの山、イソジンうがい薬、

除草剤ハービエースなどの 製造開発に成功しました。

昭和60年代には アメリカ、台湾などにも進出。

抗生物質ミオカマイシン、胃かいよう治療剤クラスト、

抗生物質メイセリン、抗がん剤テラルビシン、抗不安薬メイラックス

などと 次々と手がけました。

 平成になってからは 中国にも進出。

抗生物質ハベカシン、メルティーキッス、ガルボ、クリフ、

キシリトール配合ガム・キシリッシュ、抗生物質オメガシン、

合成抗菌薬スオード、本格ココア・テオブロなどと

新製品を 次々と出している企業です。

株主優待は、権利確定基準日 3月末日の株主に

1000株以上の株主には 1500円相当

3000株以上の株主には 2000円相当

5000株以上の株主には 3000円相当の自社製品が、

また 配当は、権利確定基準日 3月31日・9月30日で

年 7円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第242号配信時点)。























2224
  株式会社コモ (3月・9月決算 第235号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和59(1984)年6月に 天然酵母(パネトーネ種)使用の

ロングライフパン(「イタリアンケーキ」)の製造・販売を目的に

愛知県小牧市に設立された企業です。

翌年 国土総合開発株式会社と社名変更され、

昭和62(1987)年に 埼玉県に 東京営業所を設置し 関東に進出しました。

その後 デニッシュ量産体制を整え、自動販売機による販売を開始したり

他企業との合併などをしながら 成長していきました。

1997年12月には 日本証券業協会に 株式を店頭登録しました。

2000年代にも 乳果オリゴ糖配合「オリゴで元気」クロワッサンに

特定保健用食品の表示許可を取得するなどして 成長している企業です。

※ この銘柄は 店頭MM銘柄です

株主優待は、権利確定基準日 3月31日・9月30日

1500円相当の自社製品

  100株以上の株主

3月末株主は6月,9月末株主は12月に送付。

 1000株以上の株主

3月末株主は6〜11月の毎月、6ケ月間送付

9月末株主は12月〜翌年5月の毎月、6ケ月間送付

複数製品から選択可。

配当は13円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第235号配信時点)。























2286
  林兼産業株式会社 (3月決算 第246号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和16(1941)年1月 山口県合同缶詰株式会社として設立された

中堅食肉製造業者です。

昭和22年に山口県缶詰株式会社、昭和25年には

日新缶詰株式会社と 社名変更されており、

昭和30年1月に 林兼産業株式会社を合併した事を契機に 現社名に変更されました。

昭和20年代後半から昭和30年代に 次々と工場等を設置して

現在の地位の基盤を 築き上げていきました。

株式は 昭和37年5月に 東京、大阪、福岡の3証券取引所に

上場を果たしています。

マルハ向け魚肉練り製品も 供給しており、

水産、畜産向け飼料も 手がけている企業です。

 権利確定基準日は 3月31日です

株主優待はありませんが

配当は3円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第246号配信時点)。



悩んでないで専門家に相談しよう⇒上野クリニック








2333
  株式会社ジー・モード (3月決算。第303号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、

【3月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

のそれぞれに あります















2371
  株式会社カカクコム (3月決算。第288号 罫線))

(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 1997年7月創業の、 価格.comブロードバンド比較などの 日本最大級の価格比較ページ、

価格・comを運営する企業です。

1998年に 価格登録システムを開発し導入。

1999年 携帯電話サービス、さらに家電製品価格情報提供サービスを 開始しています。

2000年になってからは お知らせメール 新口コミ掲示板を 開設、

株式会社化し、現社名に変更しています。

さらに、ブランド品、ゴルフ用品、スキー用品等の 価格情報提供サービスを、

2001年には 携帯電話、化粧品価格情報、

「価格.com自動車保険」無料一括見積!サービス、 マイライン料金比較・申込サービス、

2002年には  価格.comブロードバンド比較・申込サービス、

中古自動車一括査定サービス、カメラ価格、ゲーム価格等の情報提供サービスを

開設する一方で、現親会社の株式会社デジタルガレージと

業務及び資本提携をしています。

2003年にも 中古パソコン価格情報提供サービス、

価格.com 外為 (外国為替保証金取引)サービス等を開始する一方で

東証マザーズ市場に 株式上場しました。

2004年には 自転車価格情報提供サービス等、

2005年にも 不動産関連情報提供サービス等を開始する一方、

2005年3月には 東証1部上場を 果たしました。

5月に 不正アクセスにより9日間サイトの閉鎖を余儀なくされましたが

必至の努力で 再開。業績拡大に努めているベンチャー企業です。

 株主優待は ありませんが、

配当基準日は、3月31日で、年1000円/株(現時点1株につき)となっています

(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第288号配信時点)

ブロードバンド最安料金比較。価格.com限定プランでさらにお得

価格.com 外為

「価格.com自動車保険」無料一括見積!

価格.comブロードバンド比較














2414
  株式会社塩見ホールディングス (3月決算。第231号 罫線))

(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和54(1979)年5月、

一級建築士事務所塩見建築構造設計事務所を開設したことが 創立、

翌年 塩見建築構造設計株式会社として 株式会社化された

広島地盤の 建設設計会社です。

その後、九州、大阪、東京、名古屋等 全国各地に支社を開設し

事業は拡大していきました。

平成5年に 塩見建築構造設計株式会社が 株式会社塩見設計と 社名変更。

平成8年の 耐震診断分野、

その後の 製造設備分野・廃棄物処理分野の建築物の設計へと

次々と 進出し、事業拡大する中、

社名を 株式会社塩見と平成14年に 変えています。

そして、平成15年4月には 大阪証券取引所市場第二部に 株式上場を 果たしました。

 同年7月には 経営破綻した共栄冷機工業株式会社の支援に乗り出し、

平成16年9月、株式会社塩見などと共に 当該持株会社の 傘下に 入っています。

なお、持株会社としては、平成16年9月に 株式が

大阪証券取引所市場第二部に上場し 現在に至っています。

 株主優待は ありませんが、

配当基準日は、3月31日で、

年8円/株(2005年3月期は変則決算)となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第231号配信時点)

















2871
  株式会社ニチレイ (3月・9月決算。第274号 罫線))

(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 1942年12月、帝国水産統制株式会社の設立により興った、

低温物流、家庭用・業務用冷凍食品 首位企業企業です。

翌1943年 水産物の買入・販売、製氷・冷蔵・凍結事業を開始、

1945年には 日本冷蔵株式会社と 社名変更されています。

1949年には 株式を 東京、大阪、名古屋の各証券取引所に上場しています。

1950年代には 缶詰工場を設置、食品生産事業、調理冷凍食品の販売、

畜産事業へと 次々進出。

その後 子会社等も設立、1980年代には バイオテクノロジー分野、

医薬品、医薬部外品および試薬の製造・売買、種苗の生産および売買にも進出、

1985年に 現社名 株式会社ニチレイ に変更、

1988年以降  ニチレイの【アセロラビタミンCタブレット】 など アセロラドリンクの本格的販売に、

また 子会社化により オランダにおける冷蔵事業にも 乗り出しました。

1998年には サードパーティーロジスティクス事業へも進出、

2005年 持株会社体制に移行しています。

 株主優待は 権利確定基準日 3月末日

1000株以上の株主に

製品詰合せ(2500円相当)

 また、配当は 権利確定基準日3月31日。9月30日で、年6円/株となっています

(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第274号配信時点)















2917
  株式会社大森屋(第144号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和2年4月創業。昭和30年3月に株式会社大森屋として、設立されました。

 現在、味付海苔・焼海苔の製造、農水産食料品の加工および販売、

国内産および外国産干海苔の販売、不動産の賃貸、倉庫業、

包装資材の販売、損害保険代理業を 事業内容として 行なっている企業です。

 大阪市で事業を興しましたが、

昭和44年に東京駐在所(現在の東京支店)を開設した事をきっかけに全国展開に勢いづき、

昭和55年には「しらすふりかけ」の製造販売を開始、

平成5年には お茶漬け海苔詰め合わせの新シリーズを、

また 平成6年には、「緑黄野菜ふりかけ」の製造販売を開始しました。

さらには、勢い止まらず、

平成7年6月には、日本証券業協会に登録、株式を店頭公開するに至りました。

その後も、「お茶漬亭」の製造販売を開始するなど、

海苔の大森屋ブランドを更に拡充しています。



海苔にとどまらず、食品は安全 かつ おいしい事が 何よりですね。

Oisixは、独自の厳しい安全性・味の基準をクリアした美味しい食材 だけをお届けするお店です。















3101
  東洋紡績株式会社 (3月決算 第239号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 明治15(1882)年 大阪紡、三重紡として 渋沢栄一氏が 創業した、

紡績業界 名門企業です。

この大阪紡、三重紡が 大正3(1914)年6月に合併し

当該企業東洋紡績が 設立されました。

昭和2(1927)年にレーヨン事業に進出、合併などもしています。

また、昭和24(1949)年5月には 株式上場させています。

昭和26(1951)年には ニューヨーク事務所を開設するなど

この時代から 海外展開を積極的に行ない始めています。

昭和30年代になってからは アクリル繊維事業、フイルム事業、

昭和40年代には プラスチック事業、生化学事業、

昭和50年代には 機能膜事業などへと 次々と進出し、拡大していきました。

平成になってからも スーパー繊維の本格生産体制を整えたり、

徐放性狭心症治療剤の販売開始したり、

地球環境保全にも 積極的に取り組んでいる企業です。

権利確定基準日 3月31日で

株主優待は、ありませんが、

配当は 5円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第239号配信時点)。























3423
  株式会社エスイー (3月決算 第249号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和42(1967)年8月に 創業、

昭和56(1981)年12月に設立された 引っ張り力に強いコンクリート材の製造業者です。

営業内容は 主に 地すべり防止・緑化システム、製品の健全度モニタリングシステム、

地震による橋梁の桁落下防止システムなどの 環境・防災事業、

PC定着工法を中核とするトータルエンジニアリング・

PC橋梁、斜張橋に要する高性能ケーブル、

沈埋トンネル用耐震連結装置などの製造・販売・開発等の 社会インフラ事業、

有機残渣処理装置、一般産業機械装置の設計・製造・販売・据付等の

バイオマス事業などを 行っています。

特に 落橋防止装置は7割のシェアまで 占めています。

株式は 1999年6月に 現JASDAQ市場に 上場しました

当銘柄は 店頭MM銘柄です

権利確定基準日 3月31日

株主優待は ありませんが

配当は年15円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第249号配信時点)。



■信頼のイオン■結婚情報サービスのツヴァイ■6万名の成婚実績■








3710
  ジョルダン株式会社 (3月・9月決算。第303号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、

【3月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

【9月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

のそれぞれに あります















3861
  王子製紙株式会社 (3月・9月決算 第150号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 今から130年以上も昔の 1873年、

渋沢栄一によって 設立された 歴史のある 日本初の 洋紙メーカーです。

会社名は 合併等を繰り返し その後 何度も変わっていますが、

最近では 本州製紙とも 合併して 現社名になりました。

 そんな 一部上場大企業 王子製紙 の 関連子会社 王子ネピアでは、

「ネピア」の ブランド力を生かして

赤ちゃん用 紙おむつの 製造販売なども しています。















4010
  三菱化学株式会社 (3月・9月決算 第240号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 1994年10月、旧 三菱化成(株)が

三菱油化(株)と合併して出来た、総合化学業界 国内首位・世界第五位企業です。

 旧 三菱化成(株)の淵源は 1934年8月

日本タール工業(株)として 設立された事により 始まっています。

1936年に 日本化成工業(株)と会社名変更、

1944年に 旭硝子(株)を合併して、三菱化成工業(株)となりました。

その後 1950年に、三菱化成工業(株)より

繊維部門が 新光レイヨン株式会社(現 三菱レイヨン(株)として 分離独立して行き、

三菱化成工業(株)の化学部門のみが 日本化成(株)となりました。

日本化成(株)発足と同時に 東京証券取引所に株式は 上場しています。

1952年には 三菱化成工業(株)と社名変更、

翌1953年には 東邦化学工業(株)を合併しています。

1961年には ヨーロッパ・アメリカへ それぞれ進出、

1960年代には 国内各地で 工場を操業しています。

さらには 東海瓦斯化成(株)を合併、海外・国内各地にも進出するなど

規模が 大きくなっていきました。

そして 1988年には 三菱化成(株)と社名変更しています。

一方、三菱油化(株)は 1956年に

三菱グループと シェル社グループとの 共同出資により 設立されました。

この両社が 合併して、三菱化学株式会社となったのが 1994年です。

さらに1999年には、東京田辺製薬(株)と合併、

医薬事業を分社化し、三菱東京製薬(株)となり、

これにウェルファイド(株)が合併し、

東証一部上場の三菱ウェルファーマ(株)が 出来ています。

なお、2003年には 本社を 東京都港区に 移転しています。

株主優待は、ありませんが

配当は、権利確定基準日 3月31日・9月30日で

年 5円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第240号配信時点)。













4307
  株式会社野村総合研究所 (3月・9月決算。第296号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、 【3月】本決算・中間決算等 基準日 その2 ページ 【9月】本決算・中間決算等 基準日 その2 ページ のそれぞれに あります



4324
  株式会社電通 (3月・9月決算。第148号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 明治34(1901) 年、光永星郎氏が、日本広告(株)と電報通信社という

現在の 電通の 元になる 二つの会社を 設立したことが 電通の起こりです。

後、両社は、通信業と広告業を併営する「(株)日本電報通信社」となり合併しました。

昭和30年に、会社名が「株式会社電通」と改められ、業績拡大して行きました。

そして、ついに、平成元(1989)年に、取扱高1兆円を突破しました。

平成8年に 電通テックを設立、

平成13年には、東京証券取引所市場第一部に 新規上場を果たした大企業です。





4502
  武田薬品工業株式会社 (3月・9月決算。第300号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、

【3月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

【9月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

のそれぞれに あります


















4534
  持田製薬株式会社 (3月・9月決算。第146号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 前身会社は大正2年創業、当該企業昭和20年に設立という、

歴史のある 製薬会社(医療用医薬品メーカー)です。

 特に、女性の健康の研究には長けている製薬会社で、

女性ホルモン剤は、1932年より販売されています。

現在の産婦人科分野では、医療用医薬品、胎児を超音波で観察する医療機器等に強みを持っています。

 また、基礎化粧品「コラージュ」は20年以上前から販売開始、

乳児沐浴剤「スキナベーブ」は発売以来30年トップシェアを誇り続けている企業です。

さらに、医薬品老舗・東証一部上場企業というブランド力を生かした、

健康食品部門では、

ますます“キレイ”で“イキイキ”とした女性のクオリティオブライフを目指すべく、

安全・安心に基づいた、品質の良い原材料、

そして複数の成分の組合せ方法にこだわった「成分主義」の 女性のためのサプリメント。

持田製薬『ビタコラージュ』
をはじめ、 甘くて飲みやすい!!持田製薬の『大麦若葉』

大豆イソフラボン等の他、

高級中国茶葉『香想遊』 など、様々な健康関連の商品を 提供している企業です。

普段から 健康が 気になる方には 嬉しいですね。


4644
  イマジニア株式会社 (3月・9月決算。第303号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、

【3月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

【9月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

のそれぞれに あります















4683
  株式会社堀内カラー (3月・9月決算。第232号 罫線))

(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和34(1959)年2月、

大阪市北区にて 株式会社堀内カラー現像所として創立された、

プロカラーラボ最大手企業です。

昭和41(1966)年には 東京に 進出、

ついで、京都、名古屋と 次々と 進出しています。

昭和62(1987)年には 現社名である 株式会社堀内カラーに

会社名が 変更されました。

平成3年に ディスプレイ分野への本格的参入、

平成4年には デジタル画像処理を開始しています。

大阪証券取引所市場第二部に 株式が上場したのは 平成9年9月。

平成13年には 株式会社コダックシグマの全株式を取得したりと

業容を拡大し 現在に至っています。

 株主優待は ありませんが、

配当基準日は、3月31日で、

年12円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第232号配信時点)





4689
  ヤフー株式会社 (3月決算。第290号・第316号。 罫線))

(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 1996年1月設立の、言わずと知れた インターネット検索サイト、

ネット広告・オークション大手で ソフトバンクの子会社です。

1997年11月に店頭市場(JASDAQ市場)に株式を登録、

2003年10月、東京証券取引所市場第一部に 株式上場を果たしています。

 なお、株主優待制度は

2004年9月末日現在の株主対象をもって、廃止されました。

また最近では、権利確定基準日2005年11月に 株式二分割がなされました。

さらに、権利確定基準日2006年3月末日付けで 株式二分割も 予定されています。

 株主優待は ありませんが、

配当基準日は、3月31日で、年147円/株

(なお第290号配信時点では年152円/株でした)

となっています

(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第290号・第316号配信時点)




紹介銘柄:ヤフー株式会社

(おまけ) オークションの巻 + おまけ銘柄(附録銘柄)の紹介コーナー








4753   株式会社ライブドア (3月決算 第192号 罫線
(上の会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 旧オン・ザ・エッヂ

当銘柄は上場廃止。詳細はこちらに移転しました (メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第192号配信時点)。





4795
  株式会社スカイパーフェクト・コミュニケーションズ (3月決算。第291号 罫線))

(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 1994年11月 (株)ディーエムシー企画 で 創業した、

CS放送 Sky Perfec TV (スカイパーフェクTV)の プラットフォーム事業を行う企業です。

翌年 (株)ディーエムシーと社名変更。

さらに 通信衛星JCSAT-3を打ち上げた後

デジタル放送の先駆企業として 日本デジタル放送サービス(株) と

社名変更されました。

1996年になり サービス名称をパーフェクTV! (PerfecTV! )と決定され

国内初のデジタル放送を開始しています。

 さらに、1997年には 静止軌道に通信衛星  JCSAT-4 を打ち上げ、

1998年には サービス名称を

Sky Perfec TV (スカイパーフェクTV!)としています。

 その後も、次々と 静止軌道通信衛星を打ち上げたり

テレビ放送権を取得したりして 拡大していきました。

 2000年には 社名を(株)スカイパーフェクト・コミュニケーションズと変更。

同年10月には 東京証券取引所マザーズに 株式上場を果たしました。

2002年には NTTと共同で 光ファイバーを活用した映像配信実験を開始、

さらに 多くの企業の株式を取得し、関連会社が 拡大しています。

 2004年3月には 上場市場を 東京証券取引所市場第一部へ変更しています。

 なお、株主優待制度は ありません

配当基準日は、3月31日で、年750円/株 予定となっています

(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第291号配信時点)

スポーツ見るなら⇒スカパー!初期費用無料










4823
  株式会社サイバード (3月決算。第303号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、

【3月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

のそれぞれに あります



4916
  株式会社ノエビア (9月・3月決算。第286号 罫線))

(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 1964(昭和39)年、現社長大倉氏が

欧米先進諸国との貿易業を開始したことで 創業した、

委託販売方式の訪販化粧品メーカーです。

 1971(昭和46)年 ドイツ(旧西ドイツ)より

薬草化粧品の輸入販売を開始し、株式会社化し、

1978(昭和53)年 ノエビア化粧品の製造販売を 開始しています。

1988(昭和63)年

店頭(現JASDAQ)市場に 株式上場を 果たしました。

国内外に自社関連ビルを取得、神戸研究所も開設しています。

平成14(2002)年には 常盤薬品工業(株)を子会社化し、

業容拡大に努めています。


 株主優待は

権利確定基準日は 9月20日・3月20日

 100株以上 2000円(税込2100円)相当の自社製品

1000株以上 フリーチョイス 20000円(税込21000円)

*自社製品を 自社商品カタログから自由に組み合わせて

申し込む(500点以上掲載、一部選択対象外品あり)

※フリーチョイスの注文を 注文締切日までにしなかった株主には

バストイレタリーセット20000円(税込21000円)を送付

配当基準日は、9月20日で、30円/株 予定

となっています

(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第286号配信時点)


クスリ屋さんのつくった健康食品! 風神さんのカイゲン健康食品オンラインショップ







4967
  小林製薬株式会社 (3月決算。第300号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、

【3月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

のそれぞれに あります





5001
  新日本石油株式会社 (3月・9月決算。第302号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、

【3月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

【9月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

のそれぞれに あります


5002
  昭和シェル石油株式会社 (3月・9月決算。第302号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、

【3月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

【9月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

のそれぞれに あります





5007
  コスモ石油株式会社 (3月・9月決算。第302号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、

【3月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

【9月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

のそれぞれに あります





5016
  新日鉱ホールディングス株式会社 (3月決算。第302号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、

【3月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

のそれぞれに あります





5401
  新日本製鐵株式會社 (3月決算。第301号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、

【3月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

のそれぞれに あります





5405
  住友金属工業株式会社 (3月・9月決算。第301号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、

【3月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

【9月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

のそれぞれに あります





5406
  株式会社神戸製鋼所 (3月決算。第301号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、

【3月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

のそれぞれに あります





5411
  JFEホールディングス株式会社 (3月決算。第301号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、

【3月】本決算・中間決算等 基準日 その3 ページ

のそれぞれに あります


















6468
  駿河精機株式会社 (3月決算 第198号 罫線
(上の会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和39(1964)年、駿河精機工業所として 創立された、

プレス金型用パンチ・ダイ部品 首位企業です。

主力の プレス金型部品に着手したのは 昭和41(1966)年。

昭和51(1976)年に 株式会社化され 現社名になりました。

 その翌年以降 昭和50年代中に

TDコーティング処理技術、レーザー切断加工技術

などと 次々と 高度技術を 導入しています。

また、ほど同時期に 並行的に

産業廃棄物処理の基礎研究、海洋事業などにも 次々と着手。

多角化も 進みはじめました。

昭和60年代に入ってからは 光学機構ユニット(OSTシリーズ)を

開発、販売開始しており、新たな 収益柱の 一つにまで成長しています。

 平成7(1995)年には 海洋部門分離独立させ

日本海洋株式会社を 設立するほか、複数の 外国法人も 次々と設立。

企業集団化し始めました。

そんな成長路線の中、平成7(1995)年には 株式を

JASDAQ市場に 上場させています。

その後も 自動化支援事業部新設、直動機構部品の販売開始し

また 新たな収益化の 柱へと 事業成長させてきています。

平成15(2003)年には 富士通子会社の 買収に成功、

後に この企業を 吸収合併まで させて 勢いに乗りました。

 業績拡大基調の中、今年平成16年 とうとう 同社株式の

東京証券取引所第二部市場 上場にまで 至っております。

拡大基調の中ですが、東証一部株式上場企業ミスミと 経営統合し

来年予定で 当該企業は 新設持株会社 ミスミグループ本社の 傘下入りする

予定に なっております。

合併比率は 駿河精機の普通株式一株に対して、

ミスミグループ本社の 普通株式0.5株が割り当てられる予定で

そのため、同社株式は 来年上場廃止される予定と なっています。

権利確定基準日は、3月31日で、

年間 15円/株 の有配予定です(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第198号配信時点)。







6758
  ソニー株式会社 (3月・9月決算。第293号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、 【3月】本決算・中間決算等 基準日 その2 ページ

【9月】本決算・中間決算等 基準日 その2 ページ

のそれぞれに あります




6834
  株式会社精工技研 (3月決算。第287号 罫線))

(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 1972(昭和47)年、東京都大田区にて

焼結機械部品用金型の設計・製造及びエンジニアリングを祖業として

創業した、現在 光通信部品、同製造検査装置、

光ディスク用金型を手がける企業です。

同年に 粉末冶金用金型、ファインブランキング用金型の生産販売を開始しています。

1974(昭和49)年 千葉県鎌ヶ谷市に 本社工場を移転し、

その後 工場を次々と建て、業容拡大していきました。

1981(昭和56)年 情報用光ディスク射出成形用金型の開発に 着手、

1984(昭和59)年には 高密度情報用光ディスク射出成形用金型の

生産販売を 開始しています。

1985(昭和60)年には ホットコイニングプロセスを採用した

高品質・高密度光ディスク射出成形用金型を 開発、

1986(昭和61)年には 光通信用デバイスの事業分野に 進出、

低反射光コネクタ付コードの 生産販売を開始しました。

1987(昭和62)年には 量産用光コネクタ球面研磨機SFP-500の

生産販売、さらに現JDS Uniphase Corp.と 販売代理店契約を 締結しています。

1990年代に入ってからも 各種光減衰器の生産販売を 開始するほか

1994年には 高密度光波長多重伝送(DWDM)システム用デバイスの

研究開発、1997年には PCB基盤用小型光スイッチの開発に着手するなど

積極的に 事業拡大を図っていきました。

そんな中で2000年、店頭(現JASDAQ)市場に 株式上場を果たしました。

その後も、米国、中国などに 進出も果たし、事業拡大に邁進している企業です。


 株主優待は ありませんが

配当基準日は、3月31日で、30円/株 予定

となっています

(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第287号配信時点)

クスリ屋さんのつくった健康食品! 風神さんのカイゲン健康食品オンラインショップ






6875
  株式会社メガチップス (3月決算。第273号 罫線))

(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 1990年4月、受託開発事業を 大阪府吹田市にて開始したことにより創業した

顧客専用LSI・システム主力に営む企業です。

1991年の顧客専用LSI(ASIC)事業、

1995年には 自社ブランドLSI(ASSP)事業及び システム製品事業を

それぞれ 開始しています。

 1996年には 台湾に 台湾支店を、1998年には 東京営業所を設置、

1998年には 株式店頭公開を、

2000年12月には 東京証券取引所市場第一部に 株式上場まで果たしました。

その間 システム製品の販社を 三井物産株式会社と合弁会社として設立したり、

関係会社の経営統合等 から オーディオオーサリング事業・リッチメディア事業へ

進出するなど、

業績向上を目指しています。

 株主優待は 権利確定基準日 3月末日

100株以上の株主に

(1)百貨店提供の商品カタログから,希望商品を1品

または

(2)自社指定の任天堂(株)製ニンテンドーDS またはゲームボーイアドバンス用ソフト中一品

注)(1),(2)いずれかを選択(2005年3月末時点株主対象の場合)となっています

 また、配当は 権利確定基準日3月31日で、年15円/株(記念配含)となっています

(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第273号配信時点)

 なお、当該企業の完全子会社では

高度な技術力を武器に 以下のようなサービスを 行なっております。

ケータイから見れるライブカメラ?!『Surfeel m101i』
設定いらずのかわいいデザイン♪ 月々の使用料なんてありません(^^)
今ならびっくりプライスです!



6991
  松下電工株式会社 (11月・2005年変則3月決算 第176号)
(上の会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 大正7(1918)年3月 松下幸之助 氏 により

「松下電気器具製作所」として創業、

大正10(1935)年12月設立の

歴史のある、照明・電気設備・家電・住宅建材・制御機器・電子材料 等を 手がける 大手企業です。

 社名は 配線器具の生産・販売での創業時以降、

1943年8月、「松下航空工業株式会社」に いったん改称された後、

1945(昭和20)年に 現社名となりました。

 蛍光灯器具の生産は 1952年5月より 開始しています。

1958年からは 建材事業に本格進出を果たして、

1963年には ナショナル住宅建材株式会社(現、パナホーム株式会社)も設立しています。

1970年台以降は 海外にも積極進出。

そして、1980年台以降は 防災事業、健康商品事業、 ファクトリー・オートメーション機器事業などにも進出し 業容拡大しています。



エイチ・エス証券!信用取引500円より!





7523
  アールビバン株式会社 (3月・9月決算 第237号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和59(1984)年 東京都港区南青山にて

設立された 複製現代版画の 対面展示販売 業界首位企業です。

当初 ピカソ、シャガール、ミロ、ビュッフェ、オギス、ブラジリエ、

カシニョール、ヒロ・ヤマガタなどを取り扱っていました。

その後、全国各地で催事販売を開催し、関連会社株式会社ビバンも 設立しています。

また 作家を発掘し、独占出版契約も 結び始めました。

さらに1989年には クリスチャン・リース・ラッセンを

当該企業の発掘により 現在 世界のトップアーティストになるに至らせたことで、

当該企業の 作家を一流にまでするプロデュース力が 企業の 原動力となりました。

1990年代には 直営の大型常設店開設から、

全国の直営店のネットワークが広がり、

カーク・レイナートの版画作品の独占販売契約を取り、

版画家 天野喜孝氏との 版画作品の販売契約を結び

同氏は 有名作家へと なっていきました。

これら数々の無名作家発掘・有名作家への変身劇で

業績を大きくあげたことにより 会社が大きく成長し

1996年11月には 同社株式が 店頭登録にまで至り

業界初の上場企業となりました。

その後も 勢い劣らず きたのじゅんこ等次々と画家発掘、

さらに 株式会社イーピクチャーズを 設立し

デジタルアート市場の開拓を進めています。

この関連会社が アート作品を楽しむための携帯コンテンツの開発等も手がけ、

若者を中心に ヒットを飛ばしています。

勢い留まらず、2001年には アートセラピー事業のファーストステップとして、

タラサ志摩スパアンドリゾート株式会社の経営にまで 着手し始め、

絵のある空間から、本物のリラクゼーションを提供する事業を 目指しています。

さらに、2002年には 台湾出身作家、平凡&陳淑芬を発掘。

これまた有名作家へと 発展していきました。

2003年には ディズニーファインアートの

日本総代理店として独占契約の締結にも成功している企業です。

権利確定基準日 3月31日・9月30日で

株主優待は、ありませんが、

配当は 60円/株 (2005年3月記念配含)となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第237号配信時点)。





7840
  フランスベッドホールディングス (3月決算。第292号・第119号 罫線))

(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 2004(平成16)年3月30日、

フランスベッド株式会社 とフランスベッドメディカルサービス株式会社の

共同持ち株会社として設立された企業です。

 そのうち フランスベッド株式会社は

1949(昭和24)年  車両シートの製造を祖業として

個人経営で双葉製作所として創業した企業です。

1952(昭和27)年 (株)双葉製作所と改組後、

分割式ソファベッド開発発売、フランスベッドを商標として使用し

1961(昭和36)年 フランスベッド株式会社に商号変更され、

全国各地に営業所を開設、拡大していきました。

1966(昭和41)年には フランスベッド株式会社株式を

東京、名古屋、大阪各証券取引所市場第一部上場するに至った企業です。

 一方、フランスベッドメディカルサービス株式会社は

1963(昭和38)年 フランスベッド販売株式会社より

日本衛生寝具株式会社として

病院基準寝具販売、リース洗濯事業を開始した 企業です。

 昭和40年代に入ってからは 基準寝具用羽毛布団の開発、

ホテル旅館用の寝具・リネン類のリース、洗濯業務、

病院用白衣・病衣の販売およびリース、洗濯業務を開始するなどと拡大。

1987(昭和62)年4月 フランスベッド販売株式会社と合併し

現社名フランスベッドメディカルサービス株式会社となりました。

同年中に 医療機器(酸素濃縮器)のレンタルを開始したり、

1997(平成9)年には

睡眠時無呼吸症自動解析装置「ナイトウォッチ」を  病院向けに販売、

高齢者・障害者向けリハビリ機器「ハイパーセラピー」を

病院などにレンタルを開始、

 2000(平成12)年には 公的介護保険制度施行に伴い、

介護保険福祉用具貸与事業を開始するなど、業容拡大している企業です。

フランスベッドメディカルサービスでは 

日本全国送料無料!介護用 紙おむつの専門店  介護宅配便 として、

介護用紙おむつの販売なども 行っています。

 なお、株主優待制度は 基準日は、3月31日で

1000株以上 一律に付与。

フランスベッドメディカルサービス(株)の

サービスショップ利用優待券(10000円)、

または 市価10000円相当の優待品(郵送)。

※初回2004年3月期の優待品は「スピーカー入りマクラ」

2005年3月期の優待品は「スピーカー入りヘッドレスト」でした

≪実施時期≫ 初回2004年3月期のみ、2004年9月30日現在の株主を対象としましたが

 以後、毎年3月31日。

≪送付時期≫ 毎期の 定時株主総会 終了後に 送付

≪有効期間≫ 初回2004年3月期のみ、第1期 定時株主総会 終了後から

 2005年3月31日まで。

 以後、定時株主総会 終了後から

 定時株主総会 開催年の 翌年3月31日までとしています。

配当基準日は、3月31日で、年5円/株 予定となっています

(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第292号(第119号)配信時点)





スポーツ見るなら⇒スカパー!初期費用無料
Sky Perfec TV


 なお、この銘柄
7840
  フランスベッドホールディングス株式会社 (3月・9月決算。第292号・第119号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

の詳細については、

【3月】本決算・中間決算等 基準日 その2 ページ

にも 掲載されています。


















8000
  株式会社カイゲン (3月・9月決算。第271号 罫線))

(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 前身会社は 大正13(1924)年1月 神戸市において

家庭薬卸問屋 中西武商店として創業し、同時に「改源」の販売開始した企業で、

現在 X線バリウム造影剤のトップシェア、

風邪薬「改源」でも有名な医薬品販売会社です。

昭和13(1937)年に 株式会社中西武商店、

昭和34(1959)年7月に 改源株式会社と 順に社名変更しています。

昭和36(1961)年に7月には 大阪証券市場に 株式公開し、

昭和39(1964)年には 堺化学工業株式会社と提携しております。

昭和41(1966)年には 社名を 株式会社カイゲンと改名。

「改源」の浸透とともに 業績は拡大し、

昭和45(1970)年 X線造影剤「バリトップ」新発売。

昭和47(1972)年には 共成製薬株式会社と提携、

また 潰瘍治療剤「アルロイドG」も新発売しています。

 昭和58(1983)年2月に「改源の風神さん」CMキャラクターが登場、

そして昭和62(1987)年11月に 大阪証券取引所第2部市場に

株式上場も 果たしました。

その後も 全国各地に営業所を広げ、

1990年代に入ってからも

食道静脈瘤硬化剤「エトキシスクレロール1%注射液」、

1996年には、

コレステロールが気になる&おなかの調子を整えたい!

1本で2つの特定保健用食品『コレカット』 の製造販売を 皮切りに、

根コンブの下に根があった!?話題沸騰! 2種類のフコイダンを含む『ガニアシ』

CoQ10、ヒアルロン酸、コラーゲン…8大美容素材を凝縮! 『美容総合ドリンク』

1食29kcalで満腹ダイエット! 『ヘルシーダイエットゼリー』

2種類のフコイダンを含むガニアシ+協和のアガリクスのダブルパワー! 『スーパーW』

ペットの健康を考えてあげていますか? 『飲ませやすいスポイト式ペット用サプリメント』

等 相次ぐ商品を発表し、

健康食品事業にも 進出して業績向上に寄与しています。

1997年には 内視鏡洗浄・消毒装置「クリーントップ」と相次ぎ

新製品を発売し 業績拡大に努めています。

 なお、この会社の親会社にあたる 堺化学工業は、

堺商事株式会社の 親会社にもなっている企業です

 株主優待の 権利確定基準日は 9月30日

優待の送付時期は 毎年12月初旬予定

1000株未満の株主に

特製カレンダーの贈呈 並びに 優待価格による自社商品の割引購入制度の実施

1000株以上の株主に

1000円相当の自社製品と 特製カレンダーの贈呈

並びに優待価格による自社商品の割引購入制度の実施がなされます。

配当基準日は、3月31日で、年6〜12.5円/株 となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第271号配信時点)



クスリ屋さんのつくった健康食品! 風神さんのカイゲン健康食品オンラインショップ
















8091
  ニチモウ株式会社 (3月決算。第289号 罫線))

(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 明治43年創業、大正8(1919)年8月設立の、

海洋事業、食品事業を中心として、

漁網・漁具、水産加工食品、食品加工機械などを扱う

東証一部上場大手商社です。

 漁網・漁具などの海洋事業、

すり身、助子、 かに 魚沼産コシヒカリ といったような食品原料から、

鮮凍品、加工食品などの 商材を供給する食品事業、

主に食品会社に、原料処理から包装までに必要な製造加工機械を提案して、

最適な製造プロセスの構築を支援している機械事業、

建材・包装資材を幅広い産業分野に提供する資材事業、

農畜資材やこふな米、発酵大豆製品を中心とした商材の開発・販売を行なう

バイオティックス事業を 手がけています。

 なお、株式上場は 昭和37(1962)年5月です。

 株主優待は ありませんが、

配当基準日は、3月31日で、年5円/株 となっています

(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第289号配信時点)

ワールドのブランド通販サイト!UNTITLED..最旬ファッションがすぐに探せる





8306
  株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG) (3月・9月決算。第298号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、

【3月】本決算・中間決算等 基準日 その2 ページ

【9月】本決算・中間決算等 基準日 その2 ページ

のそれぞれに あります



8316
  株式会社三井住友フィナンシャルグループ(SMFG) (3月決算。第298号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、

【3月】本決算・中間決算等 基準日 その2 ページ のそれぞれに あります




8473
  SBIホールディングス株式会社 (3月決算。第284号 罫線))

(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 1999年7月 ベンチャーズ・インキュベーション事業を目的に、

ソフトバンク・インベストメント(株)として設立されたことにより興った

現在 ベンチャー投資、運用、証券など総合金融事業を営む 持ち株会社です。

同年11月 ソフトベンチャーキャピタル(株)、

ソフトバンクベンチャーズ(株)、ソフトバンク・コンテンツ・パートナーズ(株)

ソフトトレンドキャピタル(株)を完全子会社化しています。

2000年12月には 大証・ナスダック・ジャパン市場

(現ヘラクレス市場)に 株式上場を 果たしました。

2001年には 年投資顧問業・資産運用業務の強化する目的に 傘下企業を

増やしていきました。

さらに 2002年2月には 東京証券取引所市場第一部に、

同年11月には 大阪証券取引所市場第一部に それぞれ株式上場。

2003年には イートレード証券(株)、

ワールド日栄証券(株)(現SBI証券 (株))などを 次々と買収。

2004年には ファイナンス・オール(株)と

同社傘下の グッド住宅ローンなどを手がけるグッドローン(株)(現SBIモーゲージ株式会社)、

さらに、モーニングスター(株)、エース証券(株)等を次々と子会社化。

イー・トレード証券(株)がJASDAQ市場に,

ファイナンス・オールの子会社ベリトランス(株)(現SBIベリトランス(株))が

大証ヘラクレス市場に,

現SBI証券(株)が、大証ヘラクレス市場と 次々と 上場しました。

2005年になってからも  サービサー関連事業へ進出したり、

コンテンツやメディア事業に投資をするSBIビービー・メディア投資事業有限責任組合を

(株)フジテレビジョン・(株)ニッポン放送とともに設立するなど

積極展開をする傍らで

現社名SBIホールディングス(株)に商号変更し、持ち株会社化し、

さらに発展を試みている企業です。

 傘下の SBIモーゲージ株式会社では、 35年全期間固定!金利2.31%!繰上返済手数料無料の【フラット35】 の

グッド住宅ローンを取り扱っています。

 株主優待は ありませんが、

配当基準日は、3月31日で、年350〜400円/株 となっています

(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第284号配信時点)



















8573
  三洋信販株式会社 (3月・9月決算 第147号。)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和34(1959)年に 三洋商事として小倉市で設立された、

消費者向け無担保ローン大手企業です。

メルマガ第147号発行に係わる調査時現在、業界第六位に 位置しております。

1983年に カードキャッシングを開始。

1993年には、日本証券業協会より「店頭登録銘柄」に指定され、

現在で言えば店頭市場への上場を果たしました。

さらに 1994年12月には、

東京・大阪両証券取引所市場第二部、および 福岡証券取引所へ 上場を果たしました。

1995年6月自ら、 三洋信販 ポケットバンク の展開を開始して

勢いに乗っている会社です。

その勢いで、1996年9月には、東京・大阪両証券取引所第一部へ 昇格しています。

優秀子会社・関連会社群としては、以下のような企業群があります。

すなわち、

1999年9月に、株式会社岩田屋の子会社「株式会社エージーカード」の株式を取得により、 カード事業への進出開始。

2000年7月、さくらローンパートナー株式会社の営業を開始し、

この会社が、 現在 CMでも良く見る、あの「あ〜と驚く」の、アットローン株式会社となっています。

2001年4月、マイカルの経営破綻の際、マイカルカード社を 子会社化。

これが現在の 東証一部上場企業のポケットカード株式会社となっています。















8583
  株式会社UFJニコス(紹介時 日本信販株式会社) (3月決算 第278号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和26(1951)年6月 クーポン券による割賦購入あっせん事業を

開始することにより 日本信用販売株式会社として 創立された、

今や  NICOSカード で有名な 国内最大の 信販会社です。

昭和31(1956)年 四谷コーポラス(わが国最初の高級分譲マンション)の

分譲販売を開始、昭和35(1960)年には 現在の住宅ローンを開始しています。

翌昭和36(1961)年には

東京証券取引所市場第二部に 株式上場を果たしました。

昭和38(1963)年 ショッピングクレジット、

昭和41(1966)年 社名を 現社名である 日本信販株式会社に変更、

クレジットカード制度、昭和42(1967)年 自動車ローン事業も開始しています。

 昭和45(1970)年 東京証券取引所市場第一部に鞍替え、

また 大阪証券取引所市場第一部にも上場し、

昭和48(1973)年には 名古屋証券取引所市場第一部にも上場しました。

昭和58(1983)年 損害保険代理店業務をはじめています。

昭和59(1984)年 日本信販・郵便貯金ジョイントカードを皮切りに

1991年 NICOSカード 、NICOSゴールドカード等等

各種のカードを発行し 業容拡大しています。

本年2005年10月 UFJカードと合併し

当社が 存続会社となる予定になっています。

UFJカードの普通株式1株に対して、

当社日本信販の普通株式 4.1株が割当て交付されます。

また、それに伴い同年10月1日より 株式会社UFJニコス と社名変更しております

権利確定基準日は 3月末日

株主優待はありませんが

配当は4円/株となっています

(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第278号配信時点)。

NICOSカード






8604
  野村ホールディングス株式会社 (3月・9月決算 第149号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 国内最大手の証券会社 野村證券(株)のほか、

野村アセットマネジメント(株)等々 国内外の連結子会社で構成されている

金融サービスグループの 持株会社です。

 その中核企業である、野村證券は、1925年、

株式会社大阪野村銀行の証券部から 分離設立されて 生まれた 企業です。

1941年には、日本初の 投資信託業務を 始めました。

1961年10月に東京証券取引所・大阪証券取引所・名古屋証券取引所に上場しています。

1965年には 調査部を分離独立させて、

現在 東証1部上場企業でもある 株式会社野村総合研究所を 設立しています。

また、2001年には 東証1部上場企業である 株式会社ジャフコを

持分法適用関連会社として 傘下に置いています。

 そんな中、同じく野村グループ一派である、野村不動産は、

昭和32年 ビルの賃貸・管理を主業務として

野村證券から 分離独立して出来た企業です。

都心のマンションも郊外の一戸建ても、住まい探しは野村のノムコムで と標榜し、

頑張っている 野村グループの一企業です。



























8616
  東海東京証券株式会社 (3月決算 第208号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 明治41年に 武田安商店として創業した 丸万証券と

昭和19年 東海商事として設立された 東海証券とが

平成8年に合併して 出来た 東海丸万証券が、

高山商店として 昭和4年に創業した 東京証券と、

平成12(2000)年10月1日に 合併して出来た、

米国株・中国株取り次ぎも 行なう 証券会社です。

上記両社の合併では 東京証券 が当該企業として残り

東海丸万証券が 消滅会社と なっています。

前身の 各企業にも いろいろと歴史があり、

例えば 東京証券だと、昭和36年に 小山証券と合併、

昭和56年には 遠山証券と日興證券投資信託販売と合併、

昭和59年には 扶桑証券と合併して、

当該企業 形成前の 東京証券に至っております。

なお、東海丸万証券は 平成11年に 内外証券とも 合併するなど、

証券会社の再編を 物語る歴史が みられます。

前身の東京証券自体は 平成元年に 東証・大証1部に

翌平成2年には 名証1部上場した 企業でした。

また、丸万証券も 昭和63年 東証・名証2部に

平成2年には 東証・名証1部に上場した 企業でした。



権利確定基準日は 随時で

株主優待として、

全株主に、自社株を寄託した場合、国内株式口座管理料を無料。

また、配当は10円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第208号配信時点)。















8698
  マネックス・ビーンズ・ホールディングス株式会社 (3月決算。第295号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、 【3月】本決算・中間決算等 基準日 その2 ページ に あります



8699
  エイチ・エス証券株式会社 (3月決算 第275号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和33年1月、合同証券株式会社を継承し 協立証券株式会社として設立された

新規公開株やファンドを 対面やネットで販売する 証券等を扱う企業です。

同年中に 東京証券取引所会員となって 営業を開始しています。

昭和43年に 証券取引法に基づく免許証券会社に

平成10年には 同法に基づく登録証券会社になっています。

平成11年には エイチ・アイ・エス協立証券株式会社として

エイチアイエス系列となり、

平成13年には 現社名エイチ・エス証券株式会社と 社名変更をしました。

その後 平成14年には 大阪証券取引所・正取引資格取得

平成15年には 福岡証券取引所・特定正会員、名古屋証券取引所・正取引資格

平成16年には 札幌証券取引所・特定正会員取得に至り業容拡大しています。

平成16年10月には

株式を 大阪証券取引所ニッポン・マーケット ヘラクレスに 上場するに至り、

同年12月には ジャスダック証券取引所取引参加者となり 拡大しています。



権利確定基準日は 3月末日

株主優待はありませんが

配当は10〜15円/株となっています

(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第275号配信時点)。



オズモール
スターツ出版株式会社




















8738
  ひまわりホールディングス 株式会社 (3月決算 第270号 罫線
(上の銘柄名をクリックすると元のページに戻る。)

 前身会社は 昭和38(1963)年12月 商品先物を祖業に

東洋商品株式会社として設立されました。

 同社は 昭和42(1967)年に 大和商品株式会社と 社名変更しています。

 さらに 平成3年4月には グループ3社を合併して

社名をダイワフューチャーズ株式会社に変更しています。

平成8年12月には 日本証券業協会に株式を店頭公開し、

金融先物取引業許可の取得も しています。

そして 平成9年には 商品ファンド「ビッグバン97−01」の販売、

翌平成10年には 海外先物取引取次業務及び外国為替取引業務、

そして 外国為替証拠金取引「マージンFX」、

平成11年には 店頭商品先物取引業務と 相次いで 開始しています。

平成12年には 証券業登録に至り、社名を  ひまわり証券株式会社と変更しました。

平成13年には 外国為替オンライン取引「グローバル・マーケット・トレーダー」

を開始し、平成14年5月に 持株会社化、現社名と変更されました。

同年に 会社分割を実施し、 ひまわり証券株式会社

「ひまわりCX株式会社(旧社名  ひまわり証券株式会社)」と

ひまわり証券株式会社(旧社名 ひまわり証券分割準備株式会社)」に分割しました。

その後も、 ひまわり証券株式会社では

平成16年には 外国為替証拠金取引デイトレード専用口座「デイトレ口座」を開始したり、

平成17年になってからも

大阪証券取引所から先物取引等取引資格・清算資格を 取得したり、

ひまわり証券株式会社を所属証券会社とする 証券仲介業の登録をしたりと

業績拡大に努めている企業です。

 株主優待は、権利確定基準日が 3月31日。

1000株以上の株主に

 各種宿泊・レジャー・スポーツ・ショッピング・グルメ等の施設や

サービスを格安な価格で利用できるクラブオフアライアンスの会員特典を付与。

対象株主はクラブオフのスタンダード会員として、

会員限定の各種サービスを利用可能。

※クラブオフアライアンスは

(株)リラックス・コミュニケーションが運営するサービスで、

割引対象施設は全国で約20000店舗以上

有効期限 2005年の場合は 同年6月から1年間(予定)

また、配当の 権利確定基準日も 3月31日。年間4円/株 です

(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第270号配信時点)





短期・日払い・高収入…人気アルバイトをサクッとゲット!フロム・エーナビ










8801
  三井不動産株式会社 (3月・9月決算。第299号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、

【3月】本決算・中間決算等 基準日 その2 ページ

【9月】本決算・中間決算等 基準日 その2 ページ

のそれぞれに あります





8815
  東急不動産株式会社 (3月・9月決算。第294号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、

【3月】本決算・中間決算等 基準日 その2 ページ

【9月】本決算・中間決算等 基準日 その2 ページ

のそれぞれに あります






8830
  住友不動産株式会社 (3月・9月決算。第299号 罫線))

(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和24(1949)年、財閥解体により

株式会社住友本社を継承会社として設立された

独自積極路線をとる 総合不動産大手企業です。

現社名には 昭和32(1957)年に変更されました。

昭和37(1962)年には

東京都文京区に高級賃貸アパート 目白台アパートを完成、

東京都調布市では宅地分譲を行なっています。

翌年昭和38(1963)年には

清算中の株式会社住友本社を吸収合併

その後 全国各地で 支店・工事着手、

マンション分譲などを行なう傍ら

タイ・バンコクにも現地法人を設立したりし 拡大していきました。

昭和45(1970)年には、

東京・大阪証券取引所市場第二部に株式上場、

翌昭和46(1971)年には

東京・大阪証券取引所市場第一部に指定替えしています。

その後も、ロサンゼルス、ハワイ、ニューヨーク、ワシントンD.C.等と

相次ぎ 現地法人を設立、

国内でも 各地にビルディング等まで手がけ 拡大しています。

子会社のひとつである、 ■住友不動産販売■ では、

マンション、一戸建て、土地など

不動産の購入・売却・賃貸などを手がけ、

住友不動産の総合情報サイト も運営しています。



 株主優待は ありませんが、

配当基準日は、3月31日・9月30日で、年10円/株

となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第299号配信時点)











9009
  京成電鉄株式会社 (3月・9月決算。第297号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、 【3月】本決算・中間決算等 基準日 その2 ページ

【9月】本決算・中間決算等 基準日 その2 ページ のそれぞれに あります



9014
  新京成電鉄株式会社 (3月・9月決算。第297号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、 【3月】本決算・中間決算等 基準日 その2 ページ

【9月】本決算・中間決算等 基準日 その2 ページ のそれぞれに あります



9043
  阪神電気鉄道株式会社 (3月・9月決算。第297号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 この銘柄の詳細については、 【3月】本決算・中間決算等 基準日 その2 ページ

【9月】本決算・中間決算等 基準日 その2 ページ のそれぞれに あります







9433
  KDDI株式会社 (3月・9月決算。第282号 罫線))

(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 前身は、昭和28(1953)年2月設立の 国際電信電話株式会社 (KDD)、

昭和59(1984)年設立の 第二電電企画(DDIの前身)、

昭和62(1987)年3月設立のIDO(日本移動通信株式会社)とが

2000年10月に合併して出来た、

現在 携帯電話(au等)で国内第2位の 総合通信会社です。

 国際電信電話株式会社 (KDD)では

昭和36(1961)年 東京・大阪・名古屋第2部市場に 株式上場、

昭和39(1964)年7月に 第一太平洋横断ケーブル (TPC-1) 開通、

昭和40年代に 日米間テレビ伝送開始、対欧間に衛星回線開設しています。

 一方 第二電電企画は 社名改め第二電電株式会社(DDI)となったのは

昭和60(1985)年。

同年 市外電話サービスの接続番号 0077 の指定を受けています。

1993年9月には 東証第二部に株式上場、

1995年9月には 東証第一部に 鞍替上場も果たしました。

また1997年7月には DIONサービスを開始しています。

1999年、2000年にかけては DDIとIDOとで

cdmaOne 全国シームレスネットワーク完成させたり

携帯電話向けインターネット接続サービス「EZweb」

最大64kbpsのパケット通信サービス「PacketOne」

全国統一の移動体ブランド「au」と 相次いで開始しています。

3社合併し、現社名になった後 第三世代携帯電話サービス (CDMA2000 1x) 等

事業拡大しています。

 株主優待は ありませんが、

配当基準日は、3月31日・9月30日で、年7000円/株

となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第282号配信時点)

 また、 Powered Internet[POINT] ADSL MAX 月額最大3ヶ月&初期費用無料! など

サービス提供の パワードコムを 合併することにつき

東京電力株式会社と、日頃より意見交換をしている段階だそうです。

(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第282号配信時点)

















9508
  九州電力株式会社 (3月・9月決算。第151号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和26年に 設立された 電力会社です。

 昭和59年に 同企業初の 売上高 1兆円を 突破した 大企業です。

関連会社の一つである 【イーバンク】はネットのお財布です! を標榜し、

注目されている企業でもありますね。













9610
  ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社 (3月決算 第216号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 もともとは 1965年 アメリカ合衆国で

ラリーウィルソンによって設立された 米系企業の子会社でした。

この元の親会社の 海外展開の元、1981年に 東京で設立され

今や世界各国で 人材コンサルを営んでいる 企業です。



かなり後ですが

もたつき出した 元親会社である米国ウィルソン・ラーニングを

子会社であった この日本法人が

すっぽり 呑み込み グループ子会社にしまうという

例えていえば 下克上的な 逆買収に成功し 世界展開しております。

1980年代に 国内で 大阪、名古屋、そして九州子会社と 拡大していきました。

1990年代に入ってからは、米国ミネソタ州に子会社を

国内でも 二番町ラーニングセンター、青山ラーニングセンターなど、相次いで 開設。

海外企業などと 提携したりして、コンピュータ学習用教材の販売や

マルチメディア研修シリーズを 開発、販売などと業容を拡大していく中、

1995年に 株式を 店頭市場に公開にまで 至りました。

その後も 韓国、中国ほか 世界各国に 勢力圏を広げています。

2000年代になってからは eラーニング受講管理システムなどの

事業展開なども し始めています。

基準日は 3月31日で、配当金は 20円/株 です(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第216号時点)











9644
  株式会社タナベ経営 (3月・9月決算 第217号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 1957年 創業、1963年4月設立の

イーグルクラブを主宰する 経営コンサル大手企業です。

事業の柱は 手帳ですが、その売り上げは 下期に集中する 傾向があります。

株式は 1993年10月に 店頭登録しました。

コンサルの業容は、経営コンサルティングから人材育成、

その他 多様な 情報サポートまで、ビジネスと経営の全領域を カバーしています。

最近は、ネット展開に注力し、中国等の海外展開も 始動し始めています。

配当金の基準日は 3月31日で、18円/株、

株主優待の基準日は 9月30日で、 100株以上の株主に ブルーダイアリー手帳(オリジナル革表紙)

= 3000円相当 となっております(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第217号時点)























9696
  ウィザス株式会社 (3月・9月決算 第247号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和51(1976)年5月 学研塾(現、第一ゼミナール)松原教場を母体として

株式会社学力研修社として創業した、

現在 近畿上位の学習塾を 運営する企業です。

昭和60年には 高校生を対象とした大学受験指導部門 学びの杜ユリーカを

発足しています。

昭和62年には 株式会社第一教研と社名変更しており、

小・中学生部門学研塾を 第一ゼミナールと改称し、現在の中核事業になっています。

株式が 店頭売買登録銘柄となったのは 平成2年10月です。

平成4年に 子会社を通して 広告代理店業務に参入、

平成10年には 株式会社学育社と合併し、株式会社学育舎と社名変更、

その後、パソコンスクール、速読用ソフト開発・速読教室運営、

幼児を対象とした才能開発教室、小学校受験準備教室、

小学校低学年指導教室運営等にも 子会社を通して 次々と参入しています。

現社名に変更されたのは 平成15年1月です。

 権利確定基準日は 3月31日・9月30日です

株主優待はありませんが

配当は13.5円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第247号配信時点)。



悩んでないで専門家に相談しよう⇒上野クリニック



















9766
  コナミ株式会社 (3月・9月決算。第145号)
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和44(1969)年3月、ジュークボックスのレンタル・修理業にて創業、

昭和48(1973)年3月にアミューズメント機器の製造を始め、 設立された企業です。

昭和53(1978)年には、 マイクロコンピュータを応用したビデオゲーム機を製造販売を始めています。

昭和58(1982)年には、パーソナルコンピュータ用ゲームソフト製造販売を開始。

続いて、昭和60(1985)年に、「ファミリーコンピュータ」用ゲームソフトの製造販売を開始 しています。

 昭和63(1988)年、東京証券取引所、大阪証券取引所、第1部に上場を果たしました。

平成7(1995)年、子会社、株式会社コナミコンピュータエンタテインメント大阪

(現・株式会社コナミコンピュータエンタテインメントスタジオ)、

および、株式会社コナミコンピュータエンタテインメント東京を設立。

まず、株式会社コナミコンピュータエンタテインメント大阪

(現・株式会社コナミコンピュータエンタテインメントスタジオ)は、

平成11(1999)年9月には、JASDAQ市場に株式上場しています。

続いて、株式会社コナミコンピュータエンタテインメント東京が

JASDAQ市場に株式上場を果たしています。

平成13(2001)年8月には、

大阪・ヘラクレス市場上場企業である、株式会社ハドソンに資本参加し、関係会社としています。

 平成13(2001)年10月には、

株式会社コナミモバイル・オンライン

(現在の、株式会社コナミオンライン)を設立しています。

また、 コナミの公式オンラインショップ「コナミスタイルドットコム」 も開設されており、

コナミスタイルドットコムの幻想水滸伝関連アイテムを紹介するコーナーとして、

コナミスタイル 幻想水滸伝 ゲートウェイや、

フィットネスやダイエットにつき、 楽しくダイエット!コナミのフィットネスアイテム なども 取り扱っています。

 さらに、平成14(2002)年には、コナミの子会社、

株式会社コナミコンピュータエンタテインメントジャパンが

JASDAQ市場に株式公開しております。















9773
  株式会社ナガセ (3月決算 第229号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和46(1971)年3月、東京都三鷹市で「ナガセ進学教室」を

開設したことに 始まった 現大学受験大手予備校の 一角です。

昭和51(1976)年3月、東京都武蔵野市に「東京進学教室」開設。

株式会社ナガセとして 設立されたのは 同年6月です。

東京進学教室を「東進スクール」と改称されたのは、昭和53(1978)年。

そして、昭和60(1985)年には 現役高校生のための「東進ハイスクール」を 創設し

どんどんと成長していき、同年8月には 株式の 店頭公開にまで至りました。

その後も、全校舎を 対象にした衛星授業「サテライブ」を開始したり

デジタル化による放送開始、個別指導塾「東進こべつ塾」開校したり、

パソコン講座や TOEIC、英検対策講座等 社会人対象講座する等

更に 事業拡大し 成長している企業です。



権利確定基準日は 基準日は 3月31日で

株主優待は、ありませんが

配当は、年45円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第229号配信時点)。

















9799
  旭情報サービス株式会社 (3月・9月決算 第241号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和37(1962)年8月に 宛名印刷機の販売、

宛名カード作成、宛名印刷及びダイレクトメール代行業務を目的に、

旭事務機株式会社として 大阪市都島区に設立された、独立系情報サービス企業です。

データエントリー業務を開始したのが 昭和41(1966)年。

昭和40年代後半に 東京に 進出しました。

昭和60年代には ソフトウェア開発業務・システム運用管理業務に 相次いで進出。

昭和62年に 現社名に変更されました。

平成7年7月には 日本証券業協会に 株式店頭登録を 果たしています。

平成9年には ネットワークサービス業務を始め 業容拡大に貢献し、

平成13(2001)年2月には ついに

東京証券取引所市場第二部に 株式上場を果たしています。

株主優待は、権利確定基準日 3月末日で

1000株以上の株主に対して

郵便局ふるさと小包「花鳥風月」5000円相当ギフト券

25品目の中より1品目選択となっています。

また 配当は、権利確定基準日 3月31日・9月30日で

年 32円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第241号配信時点)。























9885
  株式会社シャルレ (3月決算 第233号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和50(1975)年7月創業の

ホームパーティ形式の試着会で 訪問販売を営む、

婦人下着を主体とする 衣料品および化粧品等の 販売業者です。

本社は 神戸市須磨区に 置かれています。

大阪証券取引所市場第二部に 株式を上場させたのは 平成10(1998)年11月。

また 台湾、マレーシアの有力企業と 総代理店契約を結び、

海外事業展開も 積極的に 推進している企業です。



権利確定基準日は 3月31日で

株主優待として、

1000株以上の株主

5000円〜6000円相当の自社商品

※6月上旬発送予定の自社商品を 数品記載した案内状の中から一品選択。

毎年7月中旬発送。

また、配当は30円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第233号配信時点)。























9889
  日本ビジネスコンピュータ株式会社 (3月・9月決算。第227号 罫線))

(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和25(1950)年に 無線・音響機器の設計・製造を手がける

日響電機として 創業、

その 日響電機工業株式会社から 経営機械化研究部が

昭和39(1964)年に 分離独立して出来た、

現在 IBMのSIディーラー 国内最大手企業です。

 昭和51(1976)年に、自社開発の入出力機器の OEM事業を開始し

成長していきました。

昭和58(1983)年には 日響電機工業株式会社を 吸収合併。

日本アイ・ビー・エム株式会社と 資本・業務提携を行ない 現在の基盤が出来ました。

1999年10月、東京証券取引所市場第二部に 株式上場をし、

翌年2000年10月には 東京証券取引所市場第一部に 上場まで果たし

発展し続けている企業です。

 株主優待は ありませんが、

配当基準日は、3月31日・9月30日で、年25円/株(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」9月の記念配含)

となっています(第227号配信時点)



高級中国茶葉『香想遊』















9951
  株式会社カーマ (3月・9月決算 第244号 第336号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和45(1970)年2月 愛知県名古屋市で

大高商事株式会社として 設立された、

中部地方地盤の ホームセンター大手企業です。

翌年8月に 現社名に変更されています。

昭和47年に 数社合併で ドラッグストアチェーン展開をめざし

当該企業が 存続会社となっています。

現在主力の ホームセンター事業に進出したのは昭和48年。

その後、中部地方を中心に 各地に次々と店舗拡大・子会社等設立し、

平成5年8月には ついに 名古屋証券取引所市場第二部に

株式上場を果たしました。

平成7年9月には 名古屋証券取引所市場第一部銘柄に 指定鞍替え、

同年11月には 東京証券取引所市場第一部にまで 株式上場を果たしています。

平成14年には 東証一部上場企業 ダイキ(株)と業務提携締結をしたのを皮切りに

平成15年には 東証一部上場企業 ホーマック(株)、

さらには 東証二部上場企業の (株)くろがねや などとも 業務・資本提携締結。

同年5月には 共同仕入会社なども設立して

コスト削減に 努力をしたりもしている企業です。

 株主優待として、

権利確定基準日は 3月31日で

優待券(1枚200円)

 100株以上の株主に 6000円相当

 500株以上の株主に 12000円相当

1000株以上の株主に 18000円相当

2000株以上の株主に 24000円相当

3000株以上の株主に 30000円相当

注)税込2000円以上の買物につき,税込2000円ごとに1枚,

 自社店舗(ホームセンター)で使用可。1年間有効。

 毎年決算期(3月31日)現在の株主を対象に6月下旬に発行

また、配当は 権利確定基準日 3月31日・9月30日で 

15〜20円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第244号配信時点)。



悩んでないで専門家に相談しよう⇒上野クリニック



















9953
  ダイキ株式会社 (3月・9月決算 第250号 第336号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和33(1958)年3月に 松山市にて タイルと衛生陶器の店、

大亀商事を 創業した事に端を発する、瀬戸内中心のホームセンター大手企業です。

同社は 昭和34(1959)年 大亀商事有限会社、

昭和37(1962)年 大亀商事株式会社(現住宅機器カンパニー)と 改組しています。

直接の前身となる 大亀ユニエーター株式会社を設立したのが

昭和38(1963)年。昭和45(1970)年に ダイキ販売株式会社と

改称された後の、昭和56(1981)年には 旧ダイキ株式会社を吸収合併し

現社名に 変更されました。

その間の1970年代には コンクリート製合併処理装置、産業廃水処理装置の

設計・施工・維持管理や、FRP(強化プラスチック)製浄化槽の JIS表示許可を

取得するなどもしています。

ダイキ商事株式会社、株式会社ディックを合併して

現在の形になったのは 1989年10月のことでした。

後、広島、香川、岡山と新店舗進出する中で、海外・中国にも進出を果たしました。

大証2部、広証に 株式を上場させたのは 1993年8月。

1996年9月には 大証1部に株式上場、

同年11月には東証1部へ株式上場を 果たしています。

1997年には 大型ホームセンター新業態一号店を開店、

2001年には 株式会社ベターライフの株式を取得し、連結子会社化しています。

2002年以降から 株式会社カーマ、ホーマック株式会社等と相次ぎ業務提携、

商品の共同開発、共同仕入、物流体制の整備を開始するなど

業績向上に努めている ホームセンター大手企業です。

権利確定基準日 3月31日・9月30日

株主優待は 権利確定基準日 3月末日・9月末日。

 買物優待券(券面額100円)

ダイキグループのホームセンター「ディック」、「ダイキ」、「ベターライフ」各店で利用可

 100株以上  50枚

1000株以上 100枚

 使用方法は、1000円以上の買物につき1000円ごとに1枚使用可。

なお、買物優待券の使用機会に乏しい株主に対しては、

優待券の返送をもって 自社取扱商品等を送付。

 有効期間は、毎年3月末日権利確定株主:当年12月31日まで

       毎年9月末日権利確定株主:翌年6月30日まで

配当は年15円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第250号配信時点)。



■信頼のイオン■結婚情報サービスのツヴァイ■6万名の成婚実績■



















9962
  株式会社ミスミ (3月・9月決算 第198号 罫線
(上の会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和38(1963)年、電子機器・アリングの販売を 目的に

三住商事株式会社として 設立された 企業です。

プレス金型用部品の 発売開始は 昭和40(1965)年のこと。

昭和40年代以降 事業所(マーケティングセンター)を

全国各地に 次々と設置し 拡大していきました。

昭和50年代以降 情報提供誌「Voice」創刊はじめ

台湾等 海外の事業展開を 図り さらに 拡大しました。

 そして 平成6(1994)年には 東京証券取引所 市場第二部に

株式上場を 果たしました。

その後も FAコンピュータ部品(現計測制御用PC部品)

カタログの創刊・更なる海外進出等

積極的事業展開・成長路線の中、

平成10(1998)年には とうとう 株式を

東京証券取引所市場第一部に 昇格させました。

その後も 業績拡大基調を続けています。

そんな中 来年予定で 同社は

東証二部上場の駿河精機と 経営統合を図り、

同社株式が ミスミグループ本社株式となって

当該企業本体自らも その傘下に入る予定が なされております。

株式は ミスミグループ本社として 現在のまま

来年以降も 上場維持される予定に なっています。

権利確定基準日は、3月31日・9月30日で、

年間 28〜30円/株 の有配予定です(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第198号配信時点)。



温泉特集

全国の賃貸物件をスピーディーに検索! CHINTAIネット

















9967
  堺商事株式会社 (3月・9月決算 第224号  罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和11(1936)年に 堺化学工業株式会社より

貿易部が分離して 設立された 中堅 化学品 商社です。

昭和10年台以降、東京、名古屋、北海道、福岡、

さらには 1980年以降は 台北、韓国、オーストラリア、

ドイツ、上海と 支店を次々と開設して 企業が成長して行きました。

 大阪証券取引所新二部市場へは 1994年7月に、

さらに大阪証券取引所第二部市場へは 1996年に 株式上場を 果たしました。

 なお、この会社の親会社にあたる 堺化学工業は、

大証二部上場の 大衆薬 改源 で有名な

株式会社カイゲンの 筆頭株主にもなっている企業です

権利確定基準日は 3月31日・9月30日で、配当は 年8円/株、

株主優待は、ありません(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第224号配信時点)





















9971
  株式会社カウボーイ (3月・9月決算 第243号 罫線
(会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 昭和43(1968)年10月 食肉小売業を 札幌市白石区で

カネイチ中野商店として創業したことから興った、

北海道地盤の 食品主体 ディスカウントストアを営む企業です。

昭和48(1973)年には 株式会社カネイチと 株式会社化し

業務用食肉卸業にも 進出しています。

のち 工場などを建設し、

昭和51(1976)年 土日ショッピングセンターを開業し始めた頃より

急速に 業績が 拡大していきました。

昭和60(1985)年には

自社ブランドによるハム・ソーセージの 加工・販売を開始したり、

バイキングレストランの営業開始しています。

昭和63(1988)年に 社名を 現社名の株式会社カウボーイと変更。

のち 関連会社等を 吸収合併し 大きくなりました。

 株式は 1994年5月に 店頭公開を果たしています。

1998年には 海外初の店舗を サハリンに開店しています。

1999年以降 恵庭店敷地内に温浴施殻 えにわの湯や

恵庭ガーデンパークゴルフ場、シネコン東宝シネマ8、焼二九八などを

設置したりなど レジャー施設等にも 積極的展開している企業です。

 当該銘柄は MM銘柄です

 株主優待として、

権利確定基準日は 9月30日で

1000株以上の株主に

自社特製オリジナルハム製品

また、配当は 権利確定基準日 3月31日で 10円/株となっています(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第243号配信時点)。



悩んでないで専門家に相談しよう⇒上野クリニック



















9984
  ソフトバンク株式会社 (3月・9月決算 第192号 罫線
(上の会社名をクリックすると元のページに戻る。)

 現在 高速通信事業に 注力中の 純粋持株会社です。

1981年 PC用パッケージソフトの流通事業を 祖業として

株式会社日本ソフトバンクが 設立されました。

翌年雑誌等発刊、1983年、社名を 現社名に変更しました。

 1984年 株式を 日本証券業協会に 店頭登録しています。

その後 数々のM&Aを混じえ、企業グループは大型化していきました。

 子会社ヤフーが 1997年に 店頭登録しています。

更に翌年、ソフトバンク自体が 東証1部に上場。

 その後、次々と グループ会社が 様々な市場に上場を 果たしています。

 最近では、ダイエー球団の買収などで 話題になっていますね。

 権利確定基準日は、3月31日・9月30日で、

株主優待は、

 100株以上

  1ヶ月間 (1)〜(5)の無料サービス

1000株以上

  3ヶ月間 (1)〜(5)の無料サービス

(1)「Yahoo!BB (45M・26M・12M・8M)」ADSLサービス料

(2)同ISPサービス料

(3)同モデムレンタル料

(4)「BBフォン」モデムレンタル料

(5)同月額基本料金

注)株主本人もしくは同居親族が「Yahoo!BB (45M・26M・12M・8M)」

 および「BBフォン」の申込者であることが前提。

サービス開始(新規申込者)および優待の申込完了の翌月以降について有効。

既利用者である株主も 有効 となっています。

配当は 7円/株 予定です(メルマガ「 株主優待 配当利回り から見る 株式投資」第192号配信時点)。




日本最大級の求人情報『infoseek キャリア』

















株式投資・デイトレード・デイトレーダー・短期売買等













〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以下のメールマガジンで 以上の企業群の 紹介は、行ないました。

購読は無料です。

購読登録は 以下のフォームから 出来ますので、興味お持ちの方は、どうぞ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

メールマガジン
 = 経済 関連メールマガジン =


経済・株式 関連メールマガジン

「株主優待 配当利回り から見る 株式投資」。



メールマガジン

■株主優待 配当利回り から見る 株式投資




( 雑誌の内容の中心は、タイトルの通りの予定ですが、
もしかしたら、それ以外に、付録の記述 も 時々? つけるかも・・・しれません。乞ご期待!)

サンプルなどは、以下にあります。 また、メルマガの、購読の登録や解除も、以下から、出来ます。




まぐまぐ
株主優待 配当利回り から見る 株式投資

マガジンID:0000125437

メールマガジン登録

メールアドレス:


メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ




カプライト
株主優待 配当利回り から見る 株式投資

マガジンID:9154

めるまが登録
メールアドレスを入力し「登録」ボタンを押してください
 

めるまが解除
メールアドレスを入力し「解除」ボタンを押してください
 

BIGLOBEめるまがサービス カプライト






メイラックス
株主優待 配当利回り から見る 株式投資

メイラックス マガジンID:MM40701A19AC331

株主優待 配当利回り から見る 株式投資 購読

株主優待 配当利回り から見る 株式投資 解除

株主優待 配当利回り から見る 株式投資 (メイラックス)




●メルマガ天国
株主優待 配当利回り から見る 株式投資

メールマガジンID: 17218
株主優待 配当利回り から見る 株式投資のご購読は
メールアドレスを入力してボタンを押してください。

最新号はこちらです。
無料メールマガジン発行サービス『メルマガ天国』を
利用して配信しています。
メールアドレスを入力して解除してください。








 ○ 関連ページ リンク ○


ホームページ PACIFIC



ホームページ  ■■ 株主優待 配当利回り から見る 株式投資 ■■ << 総合トップページ >>  へのリンク

ホームページ  ● 株主優待 配当利回り から見る 株式投資 / 民法 条文 帳 ●  総合トップページ  へのリンク

ホームページ PACIFIC トップページ

ホームページ  株主優待 配当利回り から見る 株式投資  トップページ  へのリンク

ホームページ  「株式投資 指数状況」  トップページ  へのリンク

ホームページ  「商法 条文 帳」  トップページ  へのリンク

ホームページ  「アマチュア無線 受信記録」  トップページ  へのリンク

ホームページ  「民法 条文 帳」  トップページ  へのリンク

ホームページ  「刑法 条文 帳」  トップページ  へのリンク

ホームページ  「民事訴訟法 条文 帳」  トップページ  へのリンク

ホームページ  「憲法 条文 帳」  トップページ  へのリンク

ホームページ  「その他法 条文 帳」  トップページ  へのリンク



最新音楽配信 着メロ・着うた ランキング関連ページ

レンタルサーバー関連ページ


ホームページ PACIFIC