Top,ホーム News,コンサート等各種お知らせ Profile,NAOコーラスグループ&近藤直子 Lessons,教室案内
 
  5・6月の練習予定
 
 
クレメンテ氏の合唱特別講座    

近藤直子インフォメーション

このサイトでは合唱指揮者・近藤直子の活動に関する話題、コンサート、イベントなどの案内、また 近藤直子が指導するNAOコーラスグループのさまざまな情報をいち早く皆様にお届けしていきます


5月5日 呼吸法による「声を育てるエクササイズ」第13回研究発表会を開催しました
3月5-6日 ふれあいの丘でNAOコーラスグループの春合宿を行いました
2月 イタリアの指揮者ヴィート・クレメンテ氏がNAOコーラスグループの練習にご尽力くださいました
2月 墨田区の興望館「地域活動部のお食事友の会」に東京ベートーヴェンクライスが招待されました
1月 「山下光治とあそぼう会」に参加しました
1月9日、NAOコーラスグループ新年懇親会の写真を掲載しました
これまでの近藤直子のお便りはこちらからどうぞ
 

 連日、熊本の地震のニュースに釘付けになっています。4月14日夜遅くに起きた「震度7」の一報に、思わず5年前に遭遇した「東日本大震災」の記憶が甦りました。その少し前に、東京地方でも揺れがあり、不気味な感じがします。

 「震度7」とは、人が立っていられず、這わないと動けない状態で、建物だと亀裂ひび割れ、地面では地割れがあるとのことです。熊本の場合も一番エネルギーがあるものに遭遇したと思われたのですが、16日未明のマグニチュード7.3の本震には、不意を突かれた感があります。
 その後の余震も震度4〜6クラスのものが連続して起きているのですから、居ても立ってもいられない様子かと思います。5年前の記憶では「緊急地震速報」のテロップがテレビで流れる度に、あるいは携帯で同様の知らせを受信する度に、ブルッと身構えていたのを覚えています。

 21世紀に入り、日本列島、本当にいつどこで大きな災害に直面するか分からないような自然環境にいます。恐らくは、ずっと昔から人類はそのようにして生き長らえてきたのかもしれません。今回の地震も未だ終息に向かっているとはいえないようですが、被災されている皆様には、東京にいてもとても他人事ではなく、心中お察し申し上げます。

Last Update 2016/5/13
Copyright(c) 2004 KondohNaoko Information. All rights reserved.